スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ツボ

2009.12.12(22:59)

えー
長らく休んでてごめんなさい・・・
いろんなブログの訪問にも行ってないですし

しかも今日の書くことがものすごくくだらなくて面白くもないと言うのに

まあとりあえず始めましょうか




誰にでも笑いのツボというものがありますよね?

僕はそれが少しおかしいんですよ。










ね?出だしから読む気しなくなるでしょ?

まあそう思わず読んで言ってください。

僕はまあみんなと笑っているところがあってないと言うことはありませんよ

本当に僕が笑ってしまうというところがおかしいんです。


僕はツボに入るとなかなか笑いが止まらなくなります。
それも普通の人より尋常じゃないぐらい長く・・・

今までツボッたシチュエーションはいくつもあるんですがあまり覚えてないので
内容まで書けるものはだけ今回は書きます。



まず、僕の記憶にある1つ目のツボッた状態


去年の国語のテスト返し

先生は僕たちのテストが悪かったのに軽くキレていました。

先生 「まったくお前らは漢字も読めんのか!ちゃんと教えたやろ!」

と言ってその間違いの例を話し出しました。

先生 「○○をこうやって読んでるやつもいたし。ちゃんと勉強したんか?」

怒ってます怒ってます。

とその間違いのある一例に僕はツボってしまったのです・・・


先生 「あげくの果てには雑木林ザツボクリンと読むやつまでおるし」

みなさんは読めますよね?

雑木林→ぞうきばやし
ってわかりますよね?

僕は先生が真面目に怒っているときに


めちゃくちゃ笑いをこらえていました

そして説教が終わったあと
点数の確認が始まります。このときにみんな「何点だった?」の質問が始まり騒がしくなります。


僕がツボッたらおかしいのは

僕 「ククククク・・・」
そして周りからはおさまったように見え、普通に何人かで会話を始めます。

そのなかで僕は沈黙・・・





ブフォッ

僕 「はははははは」

吹きだしてまた笑い始めるようになる。
そりゃこの答えで笑った人も何人かはいますよ。

おそらくここまでツボッたのは僕1人

周りはいきなりの「ブフォ」に動揺

友達 「え?どうした?」

僕 「ククク、クク・・・」

そして落ち着き僕は説明し始める。

僕 「さっきの先生の説明で雑木林をザツボク・・・・・ブフォッ

そしてまた笑い始める僕......

友達 「え?え?意味わからんのやけど・・・」

僕 「ふ~ふ~やっとおさまった。だからさっきのテスト返しで雑木林をザツボクリンって読んだやつおったやろ?
   それでめちゃくちゃツボに・・・ぷぷぷぷ、ブフォッ


またまた笑いはじめる僕

友達 「え?この人おかしいやろ。そっとしとこうぜ」

みんなに変人扱いされ引かれまくる僕


とにかく
落ち着くまでしゃべらずに笑いを抑えよう。

何か別のこと考えてよう。


~うりいかの頭のなか~

あ~帰ったらゲームしよう
そうだあれは今何レベだ?

もうそろそろ森いけそうか?
森、森、林?
雑木林、ザツボクリン・・・



~現実~
ブフォッ

僕 「ぶははははは」

今度はなにもしていないのに1人で笑い始める僕

友達 「え~マジでこの人なんなん?怖いって!」

しかも、かなり溜めてるから吹きだす音がめちゃくちゃでかい。
女子もめちゃくちゃ引く・・・

おさまったのは授業終了10分前だったのでした・・・







僕の記憶にあるツボッた状態その2(1つ目でかなり長くなっちゃったじゃん・・・)


これはそこまで前のことじゃないです。

皆さんの学校にはいるでしょうか?

男子で
闇ではないけれども変わり者で小グループで固まっている人たち

僕のクラスにもいて
4人で固まっています。

その中の2人は特に仲良しのようで
2人とも外見がかなり似ています。

仮に「オツ」と「ゲン」にしましょう。

共通点

1、坊主頭
2、身長が低い(確か背順で前から1番目と2番目)

この2つだけでかなり似ています。
体系は若干オツの方が太ってますが・・・

正確はオツがいろいろ忘れ物をしたりなど厄介者
ゲンは目立ったことはありませんが、まあいろいろあってずれてます。

2人ともなんていうか幼いというか、中心的なグループの人たちとはずれてます。闇ではないです。


音楽の時間
先生が来る前の音楽室

普通は女子男子が隣で座るのですが
分け合って僕は
鬼ごっこで登場したバスケ部のNくんと男子同士で隣に座ってます。

近くにはピッコロくんがいます。

3人で話していると

ピッコロくん 「やべえ 今日ゲンが欠席なのにオツを欠席って書いた。」

ピッコロくんは保健委員会なので「健康観察ノート」にクラスの出席状況などをかかなくてはいけません。

ピッコロくん 「あいつら2人にとるから間違えてしまったし~ 今逆なことに気づいたじゃん」

僕&Nくん 「はははははは」




こんなささいなことですがこのときすでに僕はツボにはまっていたのでした・・・

僕 「はははは」

Nくん 「お前いつまで笑っとるん?」

僕 「だってオツ欠席にしたって・・・ ぶははははは」

Nくん 「お前おかしいやろ。」

とそこへ先生到着

僕はめちゃめちゃ笑顔で笑いをとめました・・・

なんとかして笑いをこらえる僕

僕 「クク、ククク・・・」

速くとめないとなんで笑ってるのか怒られるかもしれない...

とりあえず止めてほかの事を考えることに

そのあいだに先生の説明は続きます。

今取り組んでいる課題はギター

先生 「いいですか?ギターは弦をしっかり押さえて・・・」
説明が続き・・・


~うりいかの頭の中~

とにかく視界に入るもののことを考えるんだ!
え~と



黒板消し、黒板消し、黒板消し、黒板消し、黒板消し、黒板消し、黒板消し・・・
おおっ
意外に効果あるぞ!
笑いが止まった!

しかし頭によぎる
「ゲンとオツ間違えてオツ欠席にしてしまった~」



~現実~

先生 「では、ギターのこの部分をなんと呼ぶか覚えていますkブフォッ!


先生含めたクラスの半分が気づくほどの大きな吹きだし音

みんなが一斉にこっちを振り向く

となりのNくん

Nくん 「は?どうした?」

僕 「ツボが欠席・・・ククク」

先生 「うりいかさん大丈夫ですか?」

うおっやっぱ気づいてる!

僕 「ぷ、大丈夫す。なんでもないす。」←打ち間違えじゃないです。このまま言いました!

ヤバイすごい答え方になっとる!

先生 「ならいいですが・・・」

おお 乗り切ったぜ...

この緊張により笑いが止まったので楽になれましたが
かなり僕のツボがおかしいかわかっていただけたでしょうか?

以上3日休んだのにもかかわらず意味不明な記事でした!



人気ブログランキングへ←休んでいたツケだ・・・7位と差ついちゃってます・・・


にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村←こっちもですね・・・

夜遅いので訪問は明日!
コメント
友人が写真撮影で
カ:1+1は?
友:分かりません
と答えたのが今でも笑えますww
【2009/12/13 18:01】 | morpheus #- | [edit]
僕も以外にツボがおかしいです。

塾の先生や、技術の先生の話で
皆が笑わないところで笑ってし
まうんです(笑)
【2009/12/13 18:14】 | G・HERO #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://key1500.blog51.fc2.com/tb.php/68-13173ca1
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。